専業主婦くろまめ子育て家計簿

年の差夫婦+1歳児+母の半2世帯。夫の収入が大幅に下がり会社の経費未払い問題発生中。それでも貯蓄を増やしたいズボラー母ちゃんの家計簿。断捨離始めました

赤ちゃん、子供が椅子から落ちた!頭を打った時に慌てないための予備知識。口から出血…対処法は?

やらかしました。初の事故が起きました。

 

今回は、同じようなことが起きてしまったママが私のように慌てないために少しでも役に立てればと思い、記録します。

 

事故。

外出先のお子様椅子から息子を落下させてしまいました・・・

というのも、息子と2人仲良く食事をしている時、ほんの数秒目を離した隙に、子供用の背の高い椅子から脱出を試みた息子が、椅子ごと倒れてしまったのです。

 

 f:id:akhr1011:20171015220815j:image

椅子のイメージ。この高さで、簡易的なゆるいベルトがついていました。

 

顔面から落ちた息子・・・

泣き叫ぶ息子・・・

どうしていっときでも目を離してしまったのか、後悔しかありません。

すぐ抱き上げてあやすものの、相当痛かったらしく一向に泣き止む気配もなく、口からは血が出ています。慌ててタオルで拭いました。

どこから出血しているのかわからず焦ってしまいました。

※この場合は、口の中にガーゼなどを含ませると、おおよその出血位置がわかるそうです。

ガーゼは必需品ですね。

 

頭を打ったのかもわからず、出血位置もわからず、ただただ大声で泣き続ける息子に、後悔の念と共に、代われるものなら代わってあげたい気持ちでいっぱいになりました。

 

外出先で授乳したら、最初は痛がってあまり吸わなかったものの、途中からちゃんと吸い始めて眠ってくれたので、車に乗せて帰路につきました。運転中も、救急病院に行くべきなのかずーっと悩みながら帰ってきました。

いつもより長く眠る息子。起きないうちに、口の中をそっと覗いてみると、下唇の裏側に大きな裂傷のようなあざのようなものが出来ていることを確認出来ました。

 

以下写真あり。苦手な方はご遠慮くださいね。(グロテスクではないとは思いますが個人差あるので)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:akhr1011:20171015213502j:image

しばらくして、顎のあたりが赤く腫れてきているのも確認出来たので、落下時に顎から落ちたということがわかりました。

 

頭から落ちなくて良かったとは思うものの、まだ油断はできません。

こういった事故が起きた時のために、適切な処置や対処法を前もって学んでおかなければ、と改めて感じました。

 

ひとまず今回調べてみて、重要だなと感じた点を書いておきます。

 

↓頭を打ったと推測される場合です。

■頭を打った直後に泣くか、泣かないか。

■元気に泣いていれば、さほど心配する必要はない。ただし、泣き声が異常だったり、いつまでも泣き続ける場合も受診すべき。

■あまり泣かない、意識が朦朧としている、呼びかけに応えない場合は脳障害の可能性があるのですぐに受診。

■頭の隅々、髪の中まで、傷のチェックをする。

■甲高い声で泣く場合は頭が痛い事が多い。

■頭を打ったのに外傷がない時は、頭蓋内出血をしている場合もあるので要注意。

■嘔吐の有無。事故直後〜2時間ほど経っても嘔吐しない場合も、1〜2日後に嘔吐し状態が悪化する場合もあるので最低24時間は経過観察をする。

■打った場所が明らかに変形していたり大きく腫れ上がっていたら受診。

■ただのこぶなら大丈夫、ただし、一見こぶに見えても、触るとぶよぶよしている場合は危険なのですぐに脳神経外科へ。

 

今回の息子のケースも書き記しておきます。

■事故直後、大きな声をあげて泣き始めた。

■事故直後、嘔吐はしなかった。

■目立った外傷は見つからなかった。

■口の中から出血。出血量は少なめで、10分ほどで止血。

■後から、顎を強打した事が発覚。

■口内の出血位置の特定。下唇の裏側に裂傷のようなアザを確認。

■母乳を吸うことができる

■いつもより少し長く眠り、起床後は1時間ほど泣き続ける。

■その後も時々思い出したかのようにぐずくずする。

■食事は問題なくとれる。

 

眠りは少し浅めのようですが、さきほど無事就寝しました。いまだに夜間の授乳が3〜4回ほどあるのですが、今夜は何度起きるのか、観察してみます。

 

明日の夕方までは要経過観察なので、注意深くみようと思います。

また何かあれば追記します。

 

この記事が、世の中のお母さん方に少しでもお役に立てますように。゚(゚´ω`゚)゚。

 

ランキング投票をお願いします。励みになります^^

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(20代)へ にほんブログ村 人気ブログランキング